スタッフ募集のご案内 2017春

パプリカ 新町店のスタッフを募集いたします。

要項はフェイスブックに載っています。

この記事ではどんなスタッフがいるかご紹介します。

staff-bosyu-546x386.png





募集の要項はこちらのFacebookページをごらんください。





どんな人が働いているか気になると思いますのでざっくりご紹介します。


ヴィーガンしかいない!?

まず一番よくある質問ですが、「全員ヴィーガンですか?」と聞かれます。「全員ではありません。」100%植物性のみのヴィーガンももちろんいますがそうでないスタッフもいます。しかし、店の中・キッチンは100%植物性ですのでそれに対応できる方がいいかなとは思います。

「ヴィーガンってどうなの?」というスタンスや「そもそもヴィーガンって?」という質問を持ちながら入店した人もいます。野菜の勉強がしたい、従来のイタリアンレストランでの経験に限界を感じた、など今いるスタッフの入店理由は必ずしも「ヴィーガンだから」というわけではありません。


経験豊富なスタッフ

ヴィーガンやベジに進む人は大抵いろんな経験をしています。もちろん、どんな職場にもいろんな経験の人がいると思います。比べるわけではないですが、そう考えてもあまり周りにはいないようなスタッフが多い気がします。

超一流ファッションブランド出身、インドプチ移住者、世界一周、元学校の先生、現幼稚園の先生、元パティシエ、農家、料理教室の先生、ヨガの先生、作家・・・

年齢もバラバラで20才ぐらいから40代まで幅広く、特に若い子には人生の先輩がいっぱいです。おしゃべり好きなスタッフが多いので料理や野菜のこと以外にもいろいろ教えてくれます。

フルタイムはもちろん、掛け持ちもオッケーです。主婦・学生・フリーターなど特に制限はありません。


男性スタッフももちろん歓迎

女性スタッフが多いですが男性スタッフもいます。オーナーも男性です。食への興味はやはり女性の方が高い気がします。お客様も女性が大半です。だからこそ男性スタッフ大歓迎です。

基本的には男性も女性も同じ条件です。ちょっとした力仕事を任せられるぐらいです。(重い荷物が来た時には熱いまなざしを受けます笑)

お客様も男性が徐々に増えてきています。世界的に見てもヴィーガンは女性より男性の方が注目度が高い気がします。(多分少ないので)仕事をやめて、どうしようかな?という方は是非。



話出せばいろいろとありますが、一言でまとめると思っているよりも働きやすい、という事です。

職場のしがらみというのはどこにでもあると思います。上下関係・人間関係は難しいと思います。しかし、ヴィーガンやベジの人は一通り辛い思いも経て乗り越えている人が多いです。そんな人が多いので、後輩をいじめたり嫌がらせをしたりというのはそもそも頭にありません。(人として合う・合わないは別の話ですが・・・)

少しでもヴィーガンレストランやオーガニックに興味があれば一度お問い合わせください。すでに連絡をくれている方もいます。お悩み中の方は早めにご連絡ください。



BESO



関連記事
コメント
非公開コメント