【報告】1/19「腸もみ講座」

無事、「腸もみ講座」が終了いたしました。

来ていただいた皆様、楊 仙友 先生 ありがとうございました。

やっぱり食べ物と体の感覚が大切だと

改めて感じさせられました。

IMG_1051.jpg


まずみんなが驚いたのは、先生の元気さ。

80歳を超えた先生の活力に元気をもらえる気がします。

経験と強い意志を灯しながら、優しい語り口で話す先生の言葉に

みんな自然に耳が傾きました。

内容は、腸の仕組み、腸の動きの大切さ、食べ物の選択、

毒を取り入れない、社会の中で生きる、などなど幅広い話。

実際に腸をもむ時間は取れなかったですが、

その効果は聞いているだけで十分伝わりました。

もし、病気の方で病院の治療が思うように進まない方が

いらっしゃったら、こちらの

小腸ヨガセンター

を一度訪れてはいかがでしょうか?

image (1)


楊先生のセンターで、ランチイベントもやっています。


嬉しい事に、1年ほど前に楊先生がパプリカに食べに来てくださり、

そこから気に入ってもらえたみたいです。

今回の講演でも、

「病気の方はもっと生の野菜や穀物のローフードになってきますが、

健康な人にはこういう(パプリカ)ご飯をオススメします。」

とお墨付きを頂きました。

お酒や甘い物などにもやっぱり話は及びましたが、

そのあたりは直接聞きに行ってみてください!笑
関連記事
コメント
非公開コメント