スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

玄米 Vol.2 〜おいしい炊き方〜

玄米用の炊飯器なんて持っていない。

土鍋も無い。

大丈夫です。普通の炊飯器でも十分おいしく炊けます。

P1080779.jpg



Vol.1はこちらから。

白米との大きな違いはやはり糠(ぬか)と胚芽です。

これらがある為に、白米より硬くなっています。

その硬さを取り除く為に、浸水時間をたっぷり取ってあげます。


発芽玄米という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

whatis.gif



これはわざと玄米を少しだけ発芽させて頂くという炊飯方法です。

玄米を水に漬け、丸一日ほど(夏場は半日で水を入れ替えてあげる)ほっておくと

発芽し始めます。

しかし、買って来た玄米の中には発芽しないものもあります。

これは玄米が自然のサイクルから外れ、死んでしまった玄米なので

あまりオススメではありません。

こうすることで、アブシジン酸と言われる発芽抑制ホルモンがなくなります。

これは体には少し毒素のあるものです。

ですので、おいしく炊く為にも、体への影響の為にも浸水時間が大切です。

丸一日は待てない!としても最低2時間は欲しいところです。



そして、を加えてあげます。量はお好みで、

4.jpg

自然由来の塩がオススメで、岩塩などミネラル豊富なのもいいですね。

まろやかになって味もよくなります。

あとは10分ほど蒸らして完成です。


是非、試してみてください。

Vol.3ではちょっと気をつけたい保存方法を。
関連記事
コメント
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。