マクロビ Vol.4 〜陰陽調和〜

最後に少し難しい陰陽調和(おんみょうちょうわ)。

ですが言われてみれば、なるほど!な単純な事です。

シンプルに考えていきましょう!!

onmyou.png


世の中のほとんどの物が(いん)と(よう)に分かれています。

光と影、太陽と月、夏と冬、男と女・・・。

食べ物もに分けられます。これは良い・悪いではなく、性質の問題です。

onmyo3.jpeg

図の木で言うと、地中の根と地上の幹と葉は1セットで、どちらが良い悪いではなく

互いが互いに協力しあって実を実らせています。


このように陰陽をうまく調和させてバランスのいい状況を作りましょう!

というのがこの陰陽調和の考え方です。



身土不二でも出ましたが、寒い地方には寒い地方の、暑い地方には暑い地方の食べ物が。

というのはこの陰陽調和の現象が自然に起きています。

寒いのパワーが強い環境では、それを食べる生物の為にの食べ物が多くなり、

寒い環境でも身体を温めて生きていけるようにしてくれます。


の時期だからの食べ物が出来そうですが、

それだと、の時期に生きる生物が寒すぎて活動できません。

この調和という概念が生命溢れる地球が何億年と続いてきた秘訣です。

陰陽バランスのいい状態を中庸(ちゅうよう)とも言います。


一般に女性は、男性はと言われますが、もちろん人それぞれ気質が違います。

自分がどっち寄りな性質か見極めて、バランスを取る為に逆の性質の食べ物を

取る事によって調和の取れた生活、中庸の生活を送る事が大切になってきます。


陰陽は環境、数学、化学、風水、等々何にでも出てきます。

食べ物だけでなく全ての物事の共通の法則とも言われる陰陽調和

この機会に少し調べてみると毎日がもっと面白くなってきますよ。

関連記事
コメント
非公開コメント