スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マクロビ Vol.3 〜一物全体〜

一物全体



一つの物が全体であるという考え方。

その真意とは??

itibutuzentai.png


一言で言うと「無駄な物は何も無い」と言えるかもしれません。

よく言われるのが白米です。


白米は玄米の周りを覆っている糠(ぬか)を取った物です。

しかし、一物全体では一つの物はありのままの姿が完成形であるため

わざわざ取る必要は無いという事です。

もちろん白米にするメリットもあります。


美味しく感じるのはもちろん、消化しやすくなったりと。

ですが、自然界の原則として皮には皮の、殻には殻の役割があり、

その部分にしか無い栄養素もあります。

他にも、砂糖や小麦粉など精製するもの全般に言われています。


vegetables.jpeg


それらを丸ごと頂く事によって、バランスの取れた栄養を補給できる。

という無駄な物は無く、全体が完成系という考え方が一物全体です。



これは食べ物だけでなく、すべての事に言える事です。

例えば十二指腸はいら無いから取ってしまってもいいと

考えられていましたが、取らない方が良いとなってきました。

マクロビは食べ物や栄養の考えだけでなく、

ライフスタイル全般にも言える事が多くあります。

関連記事
コメント
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。