マクロビ Vol.2 〜身土不二〜

身土不二(しんどふじ)。

なかなか聞き慣れない言葉ですが、

意味は読んで字の通りです。

shindohuji.jpeg


とは身体。全ての動植物の肉体を指します。

はそのまま大地。

不二で2つでは無いという意味になります。

つまり、「身体と大地は二つに切り離せ無い」程、

密接な関係がありますよ、という考え方です。

nature2.jpeg


大地はイコール環境とも言えます。

雨の量、気温、地形、日の出る長さ、等々。

地域によって様々で、その環境に合った生態系が形成されます。


暑い熱帯地方にはバナナやマンゴーなど甘い果実が多く育ちます。

これらは食べると身体を中から冷ましてくれます。


逆に寒い地方や寒い時期。

日本では鍋やおでんに入れる具材がわかりやすいですかね。

これらは食べると身体の中から温めてくれます。

その時期や環境に合った植物や動物が育ち、

それらを摂取する事でその環境に対応し易い身体を作る。

これが身土不二の端的な考え方です。

日本の「旬」という言葉もこれに密接につながっています。


パプリカ食堂でも、できるだけ旬の野菜を使った

その時期に身体が求める食材を提供しています!!
関連記事
コメント
非公開コメント