【T.Y.FARM】 東京生まれ、無農薬育ちの野菜

 オーガニックの波がいよいよやってきていると感じます。

今回はアパレルの世界の有名人の息子の話。


おもしろい応援したい人がいますのでご紹介します。

TYFARM_9387.jpg


世界に誇る日本のファッションコレクション、東京コレクション。それを立ち上げた創始者を父に持つ 太田 太 さん。

少し長いですが、思いの詰まったいい記事ですのでぜひこちらをお読みください。

ファッション業界から農業へ。“東京生まれ、無農薬育ちの野菜”で「ファストファッション化した日本の農業」に革新を起こす男。

Be inspiredのページより引用

TYFARM_1264.jpg


パプリカ食堂の柱は大きく2本あります。

「VEGAN(完全菜食)」

「ORGANIC(オーガニック)」

この2つを求めてお客さんがきてくれているのを強く感じます。最近はありがたい事に平日でも満席になる事が多くなってきました。ありがとうございます。

ここで、少しオーガニックな言い訳をさせていただきます。

せっかくご来店くださったのに、品切れのメニューがある場合がございます。もちろん飲食店としては避けるべき事態の一つです。しかし、大量生産でないオーガニックなレストランである以上少しご了承いただければと思います。

発注しているオーガニック八百屋さんから注文した商品の欠品がよくあります。これは受け入れなければならない状態です。例えば、雨が降れば雨を急にやめさせる事が出来ないのと同じ事です。

そして、それらの食材を使ってソースや料理を仕込んでいる手前どうしても品切れになってしまうタイミングがあります。

オーガニックを言い訳にするわけではないのですが、お客様にとっては言い訳に聞こえるかもしれません。

今回の記事では、無農薬・自然農法にこだわりを感じるアパレル出身のアーティスティックな記事でした。オーガニックの関心が高まり、わざわざオーガニックレストランと言わなくてもいい日が来る気がします。

農家の現状や市場の現状というのをもっともっと消費者の方にも知ってもらう事も大事かもしれません。これからは農家だけではますます無農薬野菜の流通が厳しくなります。社会全体で一人一人が意識づけることで安心した食事が広がっていくのかもしれません。
関連記事
コメント
非公開コメント